爽やかな香りでほっと一息!栽培方法から選び方までお茶に関連する情報をご紹介します

お茶を選ぶ時に慣れていないと気になるのは「値段による違い」です。簡単に言ってしまえば、高いお茶になると甘みが強くなり渋みが少なくなり、安いとその逆の味になります。また、安いお茶は大量生産されるために低価格の茶葉が使用されます。高いお茶は品質が高く、希少な茶葉です。この茶葉は特定の産地が持つ、独特の風味もあります。この風味の差は気温や土壌条件によって作られる独自のものです。それぞれに特徴があるので、購入する前に情報をチェックしておきましょう。

日本にある代表的なお茶の名産地とは

日本は古くからお茶の栽培が盛んな国であり、全国各地に名産地が存在します。その中でも、特に代表的なところは以下のとおりです。 静岡県は日本一の生産量を誇ります。主な栽培地は、牧之原台地や富士山麓や安倍川や天竜川や大井川周辺などです。静岡茶の特徴は香り高くコクのある味わいです。煎茶や深蒸し茶などの銘茶が有名です。 京都府は古くから栽培が盛んな所です。主な産地は、宇治市や南丹市や京田辺市や木津川市などです。宇治茶の特徴は上品な香りとまろやかで渋みのない味わいです。玉露や煎茶や抹茶などの銘茶が有名です。 三重県は、伊勢茶で知られています。主な栽培地は、伊勢市や津市や松阪市や尾鷲市などです。伊勢茶の特徴はコクと渋みのある味わいです。煎茶やほうじ茶などの銘茶が有名です。 鹿児島県は、鹿児島茶で知られています。主な栽培地は、鹿児島市や霧島市や薩摩川内市や阿久根市などです。鹿児島茶の特徴は、濃厚な味わいと豊かな香りです。煎茶や玉露などの銘茶が有名です。 これらの名産地では、それぞれに独自の栽培方法や製法が伝承されているため、それぞれのお茶に個性豊かな風味や香りがあります。

お茶が体に良いといわれている理由

健康にメリットがある飲み物を購入したいと考えている方が多くいると思われます。日本は超高齢社会に突入していて、長生きすることが当たり前になっています。歳をとってからも長い人生が続いていくため、健康寿命を延ばしていくことが必要です。そのために若いうちから体に良いものを積極的に摂ることをおすすめします。 体に良い飲み物で最も有名なのはお茶です。茶カテキンが含まれているため、発がん抑制作用やコレステロールの低下、血糖値の上昇を抑えるなど多くの効果が期待できます。お茶を飲んですぐに効果が出るわけではありませんが、継続して飲むことによって少しずつ効果が出てくるので、食事中や食後に飲むことを習慣にするべきです。ただ、お茶も様々な商品があるため、よく比較してから購入することが求められます。どれも同じに見えるかもしれませんが、品質に差があるので、クオリティの低いものを選んでしまえば味がイマイチで続かない可能性があります。

さまざまな種類のお茶が世界にはある

日本でお茶と言えば煎茶や抹茶などが思い浮かべられますが、世界にはさまざまなお茶がありそれぞれの地域で親しまれています。 特によく飲まれているのが紅茶です。紅茶と言っても作られる場所で味わいは大きく変わり、インドで作られる香り高いダージリン、スリランカでは芳醇で刺激的な味のウバ・クセのないマイルドなディンブラなどが挙げられます。中国のキームンは独特なスモーキーさが感じられます。 中国では紅茶以外にも、さまざまなものが飲まれています。烏龍茶・鉄観音・黄金桂・君山銀針茶・プーアールなどの種類があり、発酵しているか発酵していないかなどで種類が変わります。 このような種類のお茶以外にも、大麦を炒って作る麦茶は日本の夏には欠かせない飲み物と言えます。ミントやカモミール、ローズヒップやレモンバームなどハーブを使ったものもあり、使用するハーブごとにリラックス・自律神経を整える・安眠を促すなど異なる効果が得られます。

お茶請けを出すときに知っておきたいマナー

お茶請けの種類には特に決まりはありませんが、茶の味を引き立てるという大切な役割があります。また茶に含まれるカテキンやカフェインなどの胃を刺激する成分から守り、刺激を和らげるという役割もあるとも言われています。お客様に出す時はお客様から見て右側にお茶、左側にお茶請けを置くのがマナーです。絵柄のある湯呑みや陶器を使用する場合は、絵柄がお客様の前にくるように出します。飲み物には特に決まりがなく、暑い季節には冷たい飲み物を、寒い季節には温かい飲み物を出すのがマナーです。とはいえお茶請けというと温かい緑茶をイメージする人が多いでしょう。緑茶と相性のよいお菓子を、いつか用意しておくとお客様に喜んでもらうことができます。紅茶やコーヒーを好む人には、カステラなどの洋菓子が最適です。お客様に出す際は、何を出すかということも大切ですが、出すタイミングも間違えないようにしましょう。出し終えたら、必ずどうぞと声かけをするのを忘れないようにしてください。

お茶の栽培から収穫までの流れとは

お茶の栽培から収穫までの流れは、生産地によっても異なります。おおよその流れとしてはまず畑の剪定と準備から始まり、お茶の苗の植え付けや管理、そして剪定と積取り、加工へと工程を移していくことになるでしょう。畑の剪定ではまずお茶の栽培に適した畑を選び、土壌の調査を行います。選ばれた畑を整地したら、適切な設備の調整なども行います。次に苗の用意と植え付けを行いますが、この時に注意したいのが植え付けの時期です。一般的に苗は特定の季節に植え付けを行い、慎重に監視して成長させます。定期的な剪定が必要な点にも十分な注意が必要です。茶葉の品質を向上させ、適切な形に保つためにも手入れが必要です。適切な大きさまで茶葉が成長したら、手摘みや機械での収穫などを用いて収穫が行われます。新芽や若芽は質の高いお茶として出荷されるのが通例で、多くの人に愛用されています。また、収穫された茶葉は様々な加工を経てからの製茶が必要です。

お茶に含まれているカテキンはどんな成分?

お茶に含まれるカテキンは、ポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれる緑茶の渋みの主成分です。インド産のアカシア・カテキューの樹液から採取されるカテキューに由来しています。1929年に理化学研究所の辻村博士によってはじめて存在が確かめられました。お茶のカテキンは、健康への良い影響があるとおわれていいます。特に抗酸化作用は、体内の酸化ストレスに対抗して細胞や組織を保護してくれるのです。この作用によって老化を防ぎ、慢性疾患のリスクを減らします。アルツハイマー予防や認知機能の向上に寄与します。また、血管を広げて血圧を下げることにも寄与します。悪玉コレステロールの酸化を防ぐことから心血管疾患の予防につながります。さらに、炎症反応を和らげる可能性や血糖値の安定から糖尿病予防効果もあるといわれています。現在、お茶の成分によるがん予防のための研究もすすんでいるところです。抗酸化作用や細胞の成長を制御する働きが、がん細胞の発生を防ぐ可能性につながっています。

お茶の生産量ナンバーワンの地域とは

お茶の生産量とは原料となる生葉の収穫量のことを言い、栽培面積や品種・気候や収穫時期などによって異なります。日本国内で生産されている収穫量は令和3年度にはおよそ7万7,000トンとなっており、そのうち約5割がせん茶・約3割がかぶせ茶・約1割が玉緑茶・約1割がその他でした。生産量ナンバーワンの地域は静岡県で、令和3年度には約2万8,600トンを生産しています。これは、全国の約37%に相当する分量です。静岡茶の特徴はせん茶を主体とした生産で、特に深蒸しせん茶が有名です。この茶葉は、通常のせん茶よりも長く蒸して揉んで乾燥させることで濃い緑色や濃厚な味や香りを持ちます。同県内の生産ナンバーワンの地域は静岡市で県全体の約16%の茶葉を生産しています。静岡県のお茶は、多様な品種や製法で様々な味や香りを楽しむことができます。静岡県のお茶を飲むことによって、日本茶の魅力を存分に感じることができることでしょう。

最も高級な日本のお茶である玉露とは

玉露はお茶の中でもっとも高級とされていますが、特定の品種ではありません。お茶は番茶や煎茶など様々な種類がありますが、これらの違いは品種ではなく育て方や加工方法で生じます。玉露の場合、茶葉に布を被せて日光を当てずに育てるのが大きな特徴です。手間がかかるうえ、収穫量が少ないことから希少性が高い高級品として扱われます。また、日光が当たらないことで渋味の成分が増えず、まろやかさと甘味が強く感じられるのも珍重される理由のひとつです。お茶本来の風味を楽しむのに最適と言われていますが、一方でカフェインの含有量が多いので飲みすぎには注意しなければいけません。 日本でお茶を楽しむ習慣は平安時代に定着したとされていますが、風味に強くこだわるようになったのは栽培方法が改善されて収穫量が増えた江戸時代後期になってからです。加工や保存の技術が向上したことも嗜好品として広まった要因ですが、茶葉は空気に触れると急激に酸化して風味が落ちることから、購入したらすぐに飲むことが重要と言えるでしょう。

お茶の生産が盛んな地域はどんな環境なのか

日本の代表的で愛されている飲み物であるお茶は、どんな場所でも栽培することが出来るというわけではありません。お茶の生産が盛んな地域の環境には特徴があります。まず植物の栽培に共通することはありますが、たっぷりの日差しが当たり、土壌の水はけが良くなければ、うまく育ちません。茶畑をイメージすると、山間部の綺麗な段々畑をイメージされる方が多いかと思いますが、段々畑はまさに土壌の水はけが良く、たっぷりの日差しを浴びさせることが出来るため、とても美味しいお茶を育てることが出来る理にかなったスタイルです。特に土壌の水はけが悪いと、葉の色や生育が良くないため美味しい茶葉に育ちません。ですから、まず茶葉の木をそだてるための土壌づくりは非常に重要となります。またお茶は、気温が低すぎても高すぎても育ちにくいです。40度を超えるような猛暑や、マイナス5度を下回るような極寒ではうまく育てることが出来ないため、温暖で年間の平均が14度前後の地域が育ちやすいと言えます。

お茶にも入っているカフェインの効果とは

ほうじ茶は、日本の緑茶の一つで、茶葉を焙じて飲用するお茶です。葉が緑色から赤茶色になるまで、強火で焙じるといいます。「焙じる」の意味ですが、コーヒーで使用されることが多い言葉にいい換えた場合は焙煎と同じ意味です。高い熱で炒めるとから焦げたよう色になる、香ばしさが生じて色も茶色になるなどの特徴を持ちます。苦味や渋味成分のタンニンが少なく、煎茶と比較するとカフェインが少ないこと、香ばしい香りが魅力などから寝る前に飲むとリラックス効果があるといいます。 玄米茶は、水に浸して蒸した米を炒って、番茶や煎茶などをほぼ同量の割合でブレンドしたお茶です。入り米の香ばしさや番茶・煎茶などのさっぱりとした味わいが魅力です。なお、米がブレンドされているので煎茶や番茶の使用量が減るためカフェインが少ない、このような特徴から子どもやお年寄りにも最適なお茶です。100度の熱湯で淹れることで香りが楽しめるのもほうじ茶や玄米茶の魅力です。

ペットボトル入りのお茶の魅力と歴史

ペットボトルに入ったお茶はさまざまな人に購入されています。男性にも女性にも人気があり、年輩の人にも若い人にも良く飲まれています。こうしたタイプの商品は昔から販売されていたわけではなく、昭和時代にはまだありませんでした。この時代に合ったのは缶の中に入った商品で、携帯用として使用されていました。ペットボトルに入った商品が初めて販売されたのは平成時代になってからのことです。初めて販売された商品は、容器が緑色に塗られていたことが大きな特徴でした。ですがこうした容器はリサイクルがしにくいので、現在のような透明な容器に途中で変更されています。このような種類の商品は、冷たいお茶だけしか入れることができませんでした。そのためにホット用の商品も作れる容器の開発が進められました。その研究の成果として開発されたのが、温かい状態のお茶も入れることができる容器です。季節に関係なく購入できることがこのような商品の魅力です。

仏事の贈り物にお茶が選ばれることが多い理由

平安時代に中国から伝わったお茶は万能薬だと考えられており、健康祈願のために毎日仏壇に供える習慣もありました。その習慣が庶民にも伝わり、仏事のお供えものとして定番となったといわれています。また、お茶の木は土地の境界を示すために植えられていたため、この世とあの世の境界を区切り、故人との別れを受け入れる意味があるとされています。葬儀やお通夜の食事会で日本茶を飲んでもらうことで、参列者同士が境界をなくして親しくできるともいわれているのです。実用に優れている贈り物として、お茶が選ばれるケースも少なくありません。香典返しでは悲しみが残らないように、食べたり使ったりすると形が消える「消えもの」が定番です。中でも、食事にもお菓子にも合う日本茶は人気があります。茶葉は軽くてかさばらないことから、仏事の席でもさっと渡して持ち帰りしやすいのも魅力です。香典返しには日本茶が主流でしたが、最近では広い意味でのお茶が取り入れられており、コーヒーや紅茶が選べる場合もあります。

お茶の関東における栽培の歴史とは

お茶の栽培と消費は、古代から日本で行われており、奈良時代には既にお茶が存在していました。しかし茶道という文化が栄えたのは、室町時代から戦国時代にかけてのことでした。この時期日本の社会に深く根付き、茶の湯と呼ばれる茶会や茶道具の美術が発展したのです。 千利休は茶道の祖とされ、の影響力は絶大でした。利休は茶の湯を通じて和敬清寂の精神を広め、日本の文化におけるお茶の重要性を高めました。彼の茶の湯の創造性と美的センスは、茶道具や茶室の美しさにも表れ後の茶道文化に大きな影響を与えたのです。 一方、関東にいる豊臣秀吉もお茶に深い関心を寄せており、戦国時代の動乱期にも茶の湯は継続的に行われました。秀吉は茶道具を収集し茶室を愛用したのです。彼は豪華絢爛な茶会を催し儀式やルールを整備しました。これらの取り組みにより茶道はますます普及し、茶の栽培も奨励されました。茶の関東における栽培の歴史は日本の茶道文化と密接に結びついています。特に千利休と豊臣秀吉の関与は、この地域での茶栽培の発展に大きな影響を与えました。

おもてなし向きのお茶に添えるお菓子の定番とは

来客をもてなす際にお出しするお茶は、一緒に和菓子などを添えて出すのが一般的です。一体どのようなお菓子を出すのが定番なのか、意外に知らない人が多いのではないでしょうか。お茶の種類はたくさんありますが、この種類にはこのお菓子を出すというような決まったルールは特に設けられていません。しかし、自由に好きなものを出せばいいといわれても困るものです。 まず、玉露や抹茶のように苦みや渋みを堪能するタイプには、甘みの強い羊羹などを出すのが定番です。玉露や抹茶で口の中が苦みで一杯になったところを、羊羹やまんじゅうなどで中和することができます。栗を使ったタイプの和菓子も、玉露と相性がいいです。最近流行の琥珀糖や錦玉羹は観賞用としてはきれいですが、味はかすかに甘さを感じる程度なのでお茶との相性はあまりよくないかもしれません。 生菓子ではなく焼き菓子などと相性がいいお茶は、飲みやすいほうじ茶や番茶などです。上手に組み合わせを考えましょう。

あに関する情報サイト
お茶に関する情報サイト

このサイトではさまざまな情報があふれているお茶に関する楽しいエピソードを紹介しています。さわやかで気分転換にもってこいで、自分で飲んで良いし、大切な人に贈っても喜ばれるものです。その栽培方法や産地によって味が大きく異なります。条件によって味が変化するために、知れば知るほど楽しめるものです。好みのものの選び方、贈答用の商品を選ぶ際の注意点、好きな人なら知っておきたいひと味違うおいしい入れ方など、楽しみながら学べるサイトになっています。

Search